結婚相談所ナビについて

大手の結婚相談所を利用しました

By on in 体験談

投稿者:さくら様
宮城県
女性
44歳

私は三十歳を目前にした頃、ある大手結婚相談所に入会しました。
当時、私は自分の年齢と長引く独身時代を考え、内心で焦っていました。私の両親も婚期の遅れを心配し、結婚相談所への入会を勧めていました。
そんな折、書店で文庫本を購入したところ、結婚相談所のチラシが封入されていました。
それを見て情報収集したところ、実績や知名度があり、信頼が置けそうだと感じました。そこで最寄の支社を訪ね、入会しました。

その大手結婚相談所は全国に支社を持ち、数万人の会員がいるところでした。
私が入会した支社には、二人の女性カウンセラーが常駐し、会員のサポートをしてくれました。
入会する際には、独身であることを証明する戸籍謄本や、最終学歴を確認するための卒業証書のコピー、収入を示すための源泉徴収票などを提出しました。
それから、性格テストを受けた上、自分自身や理想の結婚相手に関するさまざまなデータを登録してもらいます。
これは、身長や体重、年齢、血液型、喫煙の有無、家族構成、趣味特技、理想とする家庭像、養子に入れるかどうかなど、多岐にわたります。

こうしたデータによって、月初めと中旬にコンピュータでのマッチング作業が行われます。
そして、全国の会員の中から、自分の求める条件に合致した方が選び出されます。さらに双方へ、上記のデータを記載した『自己紹介書』が送付されます。
それを見てお相手に会いたいと思ったら、支社の専用パソコンでその人の写真を閲覧することもできます。
その上でお相手に『交際申込書』を送り、会いたい旨を伝えます。以降は互いに連絡先を交換し、実際に会う日時や場所を決めることとなります。

私の場合、初めはホテルのラウンジなどで待ち合わせ、お茶を飲んで歓談するというパターンが多かったです。
時間は1時間程度で、互いに好感を持てばさらに何度かお会いするようになります。
お互いに交際が困難だと判断すれば、結婚相談所を通じてお断りの連絡を入れます。
私も何人かの方とお会いし、交際を断られたり、こちらからご遠慮させていただいたりしました。
時々くじけそうになったこともありましたが、出会いを信じて努力を重ねました。
最終的には、カウンセラーの方が直接紹介してくださった方と交際し、結婚することができました。

結婚相談所に入会すると、月会費や入会金などで30万円ほどのお金がかかります。
また、会員になったからといって受け身のままでいると、なかなか出会いにたどりつきません。
自ら能動的にチャンスを探し、お金を無駄にしないようにするのが得策だと思います。

Subscribe

If you enjoyed this article, subscribe now to receive more just like it.

Comments are closed.

Top